人気ブログランキング |

♪職員有志で山武市をご紹介♪


by sammu-city
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

今年度の食育推進活動納め-アグリさんむ-

昨日の雪降りとは打って変わっての晴天ですが、外に出ると芯まで冷えますね(>_<)
夏よりは冬が好きなれど、冷えにはめっぽう弱い、わがまち活性課 A木です。

今日は、アグリさんむの太巻き寿司講習会でした。
更新できなかったですが、年明けも出前授業やらやっていたのですよ~。
あれよあれよとまた4件たまってしまいましたが、せっかくの会員のがんばり、ご報告させていただきます!

その1:家庭教育学級inむつみのおか幼稚園(1月21日)

保護者対象に、松尾支部のアグリ会員が太巻き寿司講習を行いました。
巻いた柄は、おなじみ「ばら」と、もうひとつは園長先生たってのオファーにより「雪だるま」に。
「先方が『雪だるま』をご所望なんですが…」と会員に伝えたときの反応と言ったら…(^^;)
講師陣10名中、雪だるま経験者は一握りだったので、会員の予習にも熱が入りましたヨ

では、まずは「ばら」から。
d0177266_15101083.jpg

お母さんの隣でちょこんと見てる女の子がかわいかったです(^^)
他にも何人かお子さん連れの方がいて、中にはおんぶしながら巻き巻き…。
受講者よりそっちに目が行き一人ほんわかしておりました。
d0177266_15133633.jpg

どのテーブルでも「お~♪」「いいね~!」と歓声が上がってました。

続きまして、「雪だるま」。かんぴょうを海苔で巻いて目と口、ソーセージで帽子を作り、ごはんに巻いていきます。
d0177266_15181795.jpg

おや?保護者にまぎれて園長先生も受講してましたか(^^)
果たして「雪だるま」の出来はいかに?!
d0177266_15204174.jpg

頭でっかちになってしまったり、
d0177266_15215175.jpg

帽子がズレてしまったりで
d0177266_15223424.jpg

冗談めかして「ばらは(家族に)見せるけど雪だるまは隠れて食べちゃおう(^^;)」なんて言っていたママもいましたが、皆さん楽しんでいただけたようでよかったです♪


その2:蓮沼保育園おにぎり教室(1月31日)

蓮沼支部が毎年園児を対象に行っているおにぎり教室です。
寿司桶いっぱいに用意した「おかかごはん」と「まぜごはん」は、もうそれだけでおいしそう!!
エプロンと三角巾をつけた年長児49人、順番にごはんを袋に入れてもらいます。
d0177266_15351330.jpg

以前は素手で握っていたそうですが、ポロポロこぼれてしまうので、袋に入れることになったとか。
会員が様子を見ながら、おにぎりづくりをサポートします。
d0177266_15385212.jpg

(会員のお孫さんデス^^)
おにぎり二つ、出来上がり!
d0177266_15395175.jpg

まぜごはんの具について、会員が冒頭に説明したのですが、作り終わってから改めて先生が子どもたちに
「何が入ってるかわかる人~」と聞いてました。
子どもたちは元気よく「にんじ~ん!」「わかめ~!」「ごま~!」と答えていましたが、最後の一つ「しらす」と言いたいところを「ししゃも~!」と言った子がいて大爆笑!
(A木も幼い頃その二つのモノと名前が一致しなかったので気持ち超わかりましたが^^;)

おにぎり教室が終わって園庭から帰ろうとしている会員に、外で遊んでいた子どもたちが
「おにぎり教室だったの~?」と何人か駆け寄ってきて
「わたしも来年ふじ組になるからできるんだ~」と言ってました。
蓮沼保育園では、「年長さんになるとおにぎりが作れる」と子どもたちも楽しみにしているようで、先生からも「また来年もよろしくお願いします!」と言っていただけました。

このおにぎり教室を機に、家でおにぎりを作るようになったり、苦手な具が食べられるようになったりという変化があるそうで、それも会員の大きな励みになっています。
蓮沼保育園のチビッコたち、また来年お会いしましょう~!


その3:公共施設での太巻き寿司講習会in成東保健福祉センター(2月8日)

今年度4回目の開催ですが、わずか数日で定員いっぱい。
28名の方にご参加いただきました。
今回は「さくらんぼ」と「さざんか」です。
成東支部の会員が講師陣ですが、他支部の会員が「参考にしたい」と見学に来ていました。
d0177266_15572020.jpg

今年度だけでも、リピ受講者が何名かいらっしゃいますが、切るときはいつもドキドキ。
d0177266_1559398.jpg

実の下部分に、桜でんぶを少し使っているんです。味のアクセントになりつつ見た目にもキレイで一石二鳥♪
d0177266_1603911.jpg


卵巻きは「さざんか」を作ります(↓こういうの)
d0177266_1625354.jpg

ピンクごはんで花弁部分を5本巻き巻き…。
d0177266_165426.jpg

海苔に比べて、卵の方が合わせにくいので、会員が仕上げをお手伝い。
d0177266_1662996.jpg

見学していた他支部の会員も巻くことができ、
「自分が巻いているときの欠点がよくわかったわ(^^)」とホクホクしながら帰りました。


その4:公共施設での太巻き寿司講習会in蓮沼中央会館(2月20日)

広報紙に「今年度最終!」と謳ったからか、受付2日で定員いっぱいに。
しかも、20人全員が参加してくださいました!(いつも一人二人不参加者がいるのです…)
最後の講習会が全員参加って、何だか気持ちいい終わり方ですよね(^^)

卵焼き&寿司飯作り、皆さん楽しそうでした♪
d0177266_1615597.jpg

d0177266_16161610.jpg

きっとこの段階からやりたくて蓮沼支部の講習会を狙っている方もいらっしゃるのではないでしょうか(^^)

今回は「あざみ」&「菊水」ですよ♪
桜でんぶをたっぷり乗せて、咲いているあざみを表現します。
d0177266_1634472.jpg

「咲いたあざみは扇みたいに開くでしょ?」と受講者に解説。
d0177266_16193188.jpg

煮かんぴょう(緑)で葉っぱをつけて出来上がり~♪
d0177266_1623592.jpg

今回7人でお申し込みくださった方(おそらく初受講)がいて、このテーブルはそのうちの4名様です。
巻いている途中もずっと楽しそうでした(^^)

続いて「菊水」です
ピンクご飯の真ん中に煮かんぴょう(紫)を巻いて、花弁部分を5本作っていきます。
「海苔同士がくっつく方を細くして、しずくの形にしてくださいね~」
d0177266_16324944.jpg

皆さん手際良くて、少し席を外しただけで、もう菊水も出来上がってました…。
d0177266_1635494.jpg

受講者一人ひとりの作品にアドバイスも(^^)
d0177266_16373341.jpg

講習終了時、「これに懲りずにまたご参加くださいね~」とあいさつすると
受講者の方に「『懲りずに』なんて!次回も楽しみにしてます~。秋が待ち遠しい~」と言っていただけて、会員一同嬉しそうでした(^^)

いっそのこと会員になってくださるとありがたいんですけど♪と思う事務局A木でした。

余談ですが、この4件の合間に、アグリさんむは(社)全国農協観光協会の会員用刊行誌「ふれあい」の特集記事の取材を受けました。
d0177266_1648119.jpg

左が記者のS島さん(奥がカメラマンさん)、右が東城会長です。
このブログをご覧になっている方で、全国農協観光協会の会員さんがいらっしゃいましたら、4月号に掲載される予定なのでチェックしてみてくださいね(^^)
by sammu-city | 2013-02-20 20:00 | 食・農業・特産物